スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント返信+進捗状況。

山脈マップ01

というわけで、現在山脈マップを作成中。
分岐やなにやらで、樹海+深林=山脈くらいの規模になるかもしれません。

そう言えば、接頭語云々に関してなのですが、ある程度情報開示をした方がいいのでしょうか?
全部開示してしまうと楽しみが削がれそうですが、現状だと解りづらいという意見もあって判断に迷っています。




>nanasiさん
雷鼓弾に関しては設定ミスです…本来は全体攻撃ですね。
次回分までに修正させて頂きます。
ステータス上限に関しては、一応現状維持にしておきます。
上限を外してしまうと設定が難しくなってしまいそうなので。

>ティルさん
誤字等の報告、有難うございました。
説明文に関しては表記が揃ってない部分が多かったですね…気をつけます。
アリス等のキャラクターが持っている耐性は、装備品等についている「属性吸収」の方の耐性なので、
現在ステータス画面には表示されていません。
内部処理でしっかり減算されているので、ご安心を。
図鑑に関しては今気づきました…何でこうなったのか自分でも解らないですが、少し調べてみます。

>Danteさん
説明の仕方で誤解を招いてしまったようですが、キャラクターそれぞれに独自の補正をかけています。
パチュリーの場合は体力にマイナス補正、霊力に2割ほどのプラス補正をかけていたり、
聖に関しては霊力、攻撃力(現在かけ忘れてますが)魔法力に補正がかかっています。
プラスの補正が無いキャラクターは現状居ないので、安心して扱ってください。
お空に関しても、特定の属性に関して大きな補正がかかっています。
…が、実際他のキャラと比べないと解りづらいかもしれません。
特徴の部分のテキストを修正し忘れていたため、無用な混乱を招いたようですが内部では適用できていますので、
次のバージョンまでは我慢していただけると助かりますorz
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

接頭語の情報開示ですか…確かにそれも有りかもしれませんね。
私自身は現状でも新しい接頭語でどんな性能変化があるのかを楽しみながらいろいろ探っているので個人的には無くても構わないのですが…。
今回は前回までよりも更に接頭語による属性付与やスキル追加などが増え、性能差が大きくなってますから、そういうのが欲しいタイプのプレイヤーさん(やりこみ派)も多いかもしれませんものね。

例えばですが東方キャラ系の接頭語なら3ボスくらいまでのものを開示するとかは如何でしょう?ちょうど本家の体験版もそこまでですし、ベネディクタさんも仰ってるとおり全部を開示してしまうとやはり楽しみが削がれてしまうと思います。
そこから先は『君の目で確かめてみてくれ!』(Vジャンの攻略本風)という感じにするとか…。

No title

どうも、2度目のコメントとなります。
接続語に関してですが、自分は結構やりこみ派のタイプなので、ある程度は開示されていると結構助かります。
ですが、やはり自力でこういうのがあるのか、と言うのを確認していくのにもまた、楽しみがあると言う事も分かってます。

ですので、とても無理な話かもしれませんが、接続語にも図鑑の様な物を設けてみてはどうでしょうか。
接続語用の図鑑で、入手した接続語の効果を見れるような物があれば、更にやりこめるはずです。
種類を把握できれば、やみくもに作りまくってみる、と言う事もそこまでしなくて良くなると思います。


最後に、これは全く関係なく、完全に私ごとで申し訳ないのですが、「深淵録」の方をニコニコ動画などの動画サイトにプレイ動画を上げても大丈夫でしょうか?
もし大丈夫でしたら、いつ投稿出来るかは分かりませんが、再び御報告に上がります。

では、制作の方頑張って下さい

No title

プレイ前から何があるのか全部把握したいというわけではないのですが、作った装備品に付いた接頭語の性能はわかる方がいいかなと思います。
接頭語無しの補正抜き同装備でも入手できないと、何が増えて何が減っているのやら・・・って感じなので。
同じ装備で「○○+X%」という項目が一緒なのに装備で変動するステータスが違ったりして、もう何がなにやらわからないという。

No title

既に接頭語の全情報が開示されてるようなもので(点35000持ってセーブ&ロード)、ベネさんもそうされるのを踏まえた上で好きな接頭語を付けれるようにしたと思うので、情報開示の声が多い時は追加した方がいいと思います。txtファイル一つあれば、特に問題無いとおもいます。

ただ個人的な意見としては、接頭語の総数や性能は手に入れるまで分からないままにしとくのが良かったです。
やはり序盤から接頭語の限界を知ってしまうと、初めて見る接頭語に胸ドキも出来なくなりますし、何より好き勝手付け替えられるとなると接頭語の固定化に繋がって、折角沢山ある接頭語の価値が薄れてしまうのではと思いました。
その辺を嫌って、性能の良いだけの接頭語は作らなかったと思うのですが、それはそれで-補正のきついものばかりあって、点の高い接頭語でもそうなので、混乱してしまいました。

あとダンジョンゲーとしては難易度はもう少し上げてもいいと思います。サポートがmp無視して全体攻撃撃ってくれるので雑魚は当然の如く、レベリングせずありあわせの装備でボスも倒せちゃったので、ちょっと物足りなかったです。
プロフィール

ベネディクタ

Author:ベネディクタ
何処かで絵を描いたり、ツクールAceで東方RPGを作ったりしてます。
此処では主に後者。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。